RE:’n’NEの変わったところ

そもそも、RE:’n’NEって…何?

紙ゲーnetにて、公開しております自作ゲームの名前です。

元々、RI’n’NEというゲームをリメイクしたので、(RE:)とついております。

オインクゲームズ様の、「小早川」的なゲームです。

 

結局、何が変わったの?

RI’n’NEでの、分かりにくいところなどを改良して、遊びやすくしました。

 

1:「回転」は隣になった

カードを受け渡す際に、以前は「2つ先」でしたが、恐らくこんがらがってしまうのではないかという、

問題が出てきたので、いっその事「隣」にしました。

 

2:「解脱」の追加

勝負する際、数字の大きさ順、までは良かったのですが、小さい数字はどうも…

というわけで、勝負の時も無駄にならないよう「自分のカードは最小だ」という宣言、

「解脱」を追加しました。

 

3:「降りる」

強制勝負って流石にきつくない?ということで、「降り」を追加しました。

前の人の行動から何のカードなのかのハッタリを楽しめる感じにしました。

 

4:1人1回行動するように

以前、「勝負を宣言するまで」が行動の時間でしたが、今回は、「1周するまで」となりました。

これで、行動出来ない問題を解消できたかなーと思います。

 

 

以上が変更点です。

筆者:ハマチトホテプさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。