0円ではじめる ちょっとイイゲームのつくりかた

おはようございますハセガワです。
この度、カミゲーミートのブログスタッフとしてご協力させて頂きます。

公開している著作は2作。
敗けた時にこそ爽快感を味わえる。TCGライクなガチガチのカードゲーム「CONFLICT OF SAVIORS

ダイスゲーかと思いきや意外とシステマチック。魔法陣を直接紙に描いて戦う「WitchSketch

カミゲーミート様では過去、クリエイターインタビューも受けています。
プレイヤーとしてもクリエイターとしても駆け出しではありますが、
記事ともどもよろしくおねがいします。

—————————————————

作りたいゲームはあるけど、お金もスキルもない……
作ったはいいけど見た目がショボい……

そんな事、考えたことはありませんか?
悲しいかな私、ハセガワは四六時中こんなことばかり考えています。

絵も描けない。コネもない。金もない。それでもゲームが作りたい!という全国の同志に向け、
0円でちょっとイイモノつくろう【ZERO + ALPHA】をテーマに
自分が普段使っているサイト・ツールなんかを備忘録がてらお伝えしていきたいと思います。

《第一回 ササッといい感じのロゴを作ろう》
オリジナルのゲームを、一人で作るのは大変です。
完成形が見えないまま、理想ばかりが膨らんでいくと、どんどんモチベが下がってきます。

そんな時、心の支えになるのは自分の作品に対する「我ながらええ感じやん?」という自惚れです。
美麗なイラストや豪華なコンポーネントがあればそれも叶うでしょう。
しかし我々は持たざる者。言わば【ZERO】。そんなものは描けません。買えません。

ならばどうするか。
いい感じのフリーフォントでそれっぽいロゴを作って早々に満足しましょう!

①アルファベットのタイトルを付ける。
②フリーフォントプレビューサイトで好みのフォントを探す。
③サイズをいじって完成

アルファベットのフリーフォントは日本語と比べてべらぼうに数が多いため、
好みの字体がとても探しやすいのです。

今回は【ZERO+ALPHA】をササッとなんとかしてみましょう。

まずは平打ち。棒立ちも良いところですね。これでは味気ない。

自分がよく使うのはこちらのサイト。1001freefonts.com
https://www.1001freefonts.com/
同様の高機能なサイトは他にもあるんですが、ここは画像が少なくて圧倒的に軽いのが気に入ってます。

スピード感のあるスタイリッシュな感じにしたいので手書き風の字体を探します。
カテゴリから「HandWriting」
テキストエリアに「ZERO ALPHA」を入力して「update」ボタンをクリックします。

スタイリッシュ!自分で書いてもこうは行きませんね。

いいのを見つけたら、ダウンロード前に権利関係を確認しましょう。
「Free」なら気にせず使用できますが、それ以外なら購入が必要な場合があります。
多くは500円ぐらいで永久ライセンスが買えてしまうので、気に入ったらポチるのも一手。
WitchSketchでは一目惚れしたフォントを「Buy Commercial License」ボタンから購入しています。

今回は中段の「Quikhand」を使用。
日本語は漢字の対応幅が広いモノが1つあればなんとかなります。ラノベPOPが商用利用可でお気に入りです。

サイズと色を適当に付けて、中央に配置しておわり。

ものの数分ですが、最初と比較すればマシになったもんではないでしょうか。

冒頭述べましたが、このロゴ作成の目的は「モチベの維持」です。
自分で選んだカッコイイ字体の組み合わせは、「ゲーム作ろう!」と思った時のアツい気持ちを記録してくれます。

もちろん最高のロゴが生まれればそれに越したことはありませんが、
ゲームのクオリティが上昇するにつれ、適当に作ったロゴは大体の場合陳腐化します。

お手軽なゲームならそのままのロゴで問題なし。
そうでないなら、数分で作ったロゴのクオリティぐらいは超えてやろう、という目標にできると良いですね。

 

こんな感じで「やりたいことはあるけど、何をしたらいいかわからない」ような
ガチ初心者向けの内容を綴っていきたいと思います。

今回はこの辺で。また次回。