コンポーネントの簡素化

コンポーネントとは、ボードゲームにおけるパーツのことです。
つまり、駒であったりボードであったりタイルであったりコインであったりするものの総称です。

紙ゲーにおいて、コンポーネントが多過ぎると、その用意やプリントや切り抜きが労力となり、敷居が高くなってしまいます。

なので個人的には、紙ゲーでは、コンポーネントは出来得る限り簡素化した方がいいと思っています。
それは駒やコインを使わない! というのではなく、手間のかからない代替えを用意するというものです。

コインなら、私の作品を例にすれば、仮想的なものを使います。
それは、タイルないしボードに駒が置かれてい間、そのエリアに記されている金貨を、仮想的に獲得するというものです。
もちろんそれを使えば仮想的に減ります。
余っても持ち越さず、次の自ターンにもとに戻るだけです。
複数の駒を使えば、より多く獲得することも出来ます。
そのようにすることでコインを大量に準備する手間を省いているわけです。

それを応用すれば、資源獲得にも使えるでしょう。
とくにワーカープレイスメントなどで使えそうですね。

あるいは、ボードの周りにすごろくみたいなマス目のある道を作って駒を置き、マスの移動でお金の増減を管理するのもいいでしょう。

また駒の場合なら、駒と手札を同一化する……、手札は効果のあるものとしても出せるし、ワーカーとしても使えるなど、複合的な要素をもたせても、面白いかもしれません。

紙ゲーを、適度な枚数のカードだけの構成というのも潔いと思います。

コンポーネントが多いことを否定しているわけではなく、あくまでもこういう方向性もあるということです。
コンポーネントがたくさんあってワクワクするからとダウンロードするユーザーさんもおられると思いますしね。

でもいかにコンポーネントを簡素化するための代替えを用意するかという取り組みは、クリエイター魂を大いに刺激するのではないでしょうか。

ただ増やすのではなく、減らし、密度を上げる。
ぜひ皆さんも考えてみてください。
きっと悩ましくも楽しいことうけあいですよ(^^)